神奈川県藤沢市にある湘南白百合学園小学校は、カトリックの女子私立小学校として75年以上の歴史のある小学校です

湘南白百合学園小学校

平成29年9月5日 読書会

2017年9月12日 (火)

【5年生,図書科】

 9月5日火曜日、5年生の読書会が行われました。

 講師 古代技術史研究家 関根秀樹先生   テーマ『火と人間の文化史』

 先生の著書の中から、『月刊 たくさんのふしぎ通巻282号 火』(福音館書店) を取り上げ読書会を行いました。この本の中には、古代の火おこしの方法や、火と人間との関わりが描かれています。

 はじめに、色々な部族の火おこしの方法をスライドで見せていただきました。今でも生活の中で火おこしをしている部族の存在を知り、わたしたちの暮らしと比べると驚きの連続でした。しかしもっと驚いたことは、関根先生は、見せていただいた部族よりも早く火おこしができるということでした。

20170905_51s


 「やってみましょうか!」という先生の声に歓声があがりました。

 力が弱い人でもできる方法で挑戦しました。 火おこしの道具は全て関根先生の手作りです。

20170905_52s


 火種ができると、麻ひもをほぐしたものに火種をくるみます。それが空気とよく触れるよう、大きく円を描くように腕をまわすと火がつきます。

 江戸時代の旅人が持ち歩いていた火打ち石と、現代版の金属製のものも見せてくださいました。着火剤がなくても火がつくこと自体に、現代っ子の5年生はただただびっくりするばかりでした。

20170905_53s


 様々な古来の楽器も紹介してくださいました。人間が火を手にいれたことによって作ることができた焼き物の笛やうなり木。生活の中で身近なものを使って音をならし、身を守ったり、呪術に使ったりした楽器の役割。火や自然と共に、様々な文化を築いてきた人類の歩みにふれることができました。

20170905_54s


 先生は大変な読書家です。本で読んだこと、調べたことを実際にやってみる、体験してみる。

 先生の知識は読書と体験によって培われたものです。古代技術に触れることで、人類が歩んできた道のりやその豊かな知恵に気づくことができます。

 一冊の本から読みとった知識と共に、そこに描かれてる世界を自分の世界と共有しながら、世の中にある「たくさんのふしぎ」を追求する感性を養っていってほしいです。

平成29年9月1日 平成29年度 第2学期始業式

2017年9月 4日 (月)

20170901s


 第2学期始業式が体育館で行われました。2学期も気を引き締めて過ごせるようお祈りをし、聖歌「ごらんよ空の鳥」を歌いました。

 校長先生からは、「夏休みに経験したことを生かし、一日一日を大切に過ごしてください。音楽会の練習に本気で取り組んでいきましょう。」というお話がありました。

 最後に、新しいお友達のために「歓迎の歌」を歌い、うれしい2学期のスタートとなりました。

平成29年7月19日 平成29年度 第1学期終業式

2017年7月24日 (月)

20170719s

 第1学期終業式を体育館で行いました。これから始まる夏休みを、楽しく充実して過ごせるようにお祈りをし、聖歌「こえをあわせ」と校歌を歌いました。

 校長先生からは、夏休みには、「勉強は最後まで丁寧にやりぬくこと。」「学校ではできないことを体験すること。」「いろいろな方々と交流をもつこと。」という内容のお話がありました。

平成29年7月7日 1年生 新江ノ島水族館見学

2017年7月21日 (金)

【1年生,生活科】

 良い天気に恵まれ、今年も1年生の新江ノ島水族館での学習が始まりました。

2017707_11s

 第1回目は楽しみにしていた水族館見学、子供たちは真剣に話を聞いています。

2017707_12s

 「すごい、すごい!」とみんな口々に言いながら、色とりどりの魚や生き物たちに興味津々で見入っていました。

 その後、イルカショーを見たり、タッチプールで実際に魚に触ってみたり、とても充実した一日となりました。

平成29年7月18日 Play Day

20170718playday_1s

 夏休みを目前に、学年を超えた交流の機会として、Play Dayの活動が行われました。

 1学期間、同じ縦割り清掃班で活動した仲間と、ゲームやクイズを楽しむことで友情を深めました。5・6年生の学級委員が企画や運営をし、協力して活動を作り上げました。

平成29年7月11日 6年読書会

2017年7月18日 (火)

【6年生,理科・図書】

2017071161s

 7月11日、6年生の読書会がありました。読書会と聞けば、書籍を読むことを思い浮かべがちですが、わが校の読書会はちょっと違います。なぜなら、実体験を重視しているからです。

 「おもしろい!知りたい!」と思えば調べたくなります。その仕掛けのための読書会です。

 今回のテーマは、『丹沢の成り立ちを知ろう ― 丹沢のサンゴ化石群』

 講師の先生は、県立生命の星地球博物館 外来研究員 元神奈川地学会長 門田真人先生です。

2017071162s

 門田先生は、丹沢が昔、南の海底に位置していたことを実証された方です。

2017071163s

 証拠の決め手となった青サンゴの化石。実物の標本と照らし合わせてみます。

 

 他にも、たくさんの化石を持ってきてくださいました。

2017071164s

 はじめて見るサンゴの化石に、「うわー。」「ひえー。」などと奇妙な声をあげながらも、「楽しい!」「化石を自分でも発見してみたい!」という声が聞こえてきました。

 理科の学習を兼ねた、地学分野での読書会でしたが、門田先生のおかげで貴重な体験とお話を伺うことができました。

 さあ、ここから先に進むのは、子供自身です。門田先生ありがとうございました。

平成29年7月5日 あすチャレ!スクール

2017年7月 6日 (木)

【4年生,総合】

 国語の単元「新聞を作ろう」の「取材」学習第2弾として、日本財団パラリンピックサポートセンターによる「あすチャレ!スクール ゴールボールプログラム」を実施しました。

 初めに、代表の児童たちが、実際にアイシェード(目隠し)を装着して、ゴールボールの試合をしました。鈴の入ったボールをころがし、相手コートのゴールにシュートします。鈴の音だけが頼りなので、しいんと静まり返った中での試合でした。

20170705_1s

 次に、北京パラリンピックのゴールボールで入賞した時に選手だった高田朋枝さん(日本パラリンピアンス協会理事)が講演してくださいました。

 「パラスポーツは、ルールや用具に様々な工夫がされているから、誰もが楽しめるスポーツです。競技会場へ行ったら、是非、その工夫を見てほしいです。」「チャレンジすることは、素晴らしいことです。うまくできなくても、上手になりたいと思い続けることで、つらいことも乗り越えられる勇気を持つことができます。」「『がんばってくださいね』という言葉は、うれしいけれど、寂しい気持ちになります。障害のあるなしではなく、困っている人には、優しく手を貸してあげてください。」と、たくさんのメッセージを伝えてくださいました。

20170705_2s

平成29年6月30日 6年理科見学

2017年7月 3日 (月)

20170630_s

 「土地のつくりと変化」の学習の一環として、神奈川県立生命の星・地球博物館の見学に行きました。ガイダンスでは、地球が生まれ、現在に至るまでの過程を教えていただき、実際の展示物を見て、壮大な地球の歴史に触れることができました。

平成29年6月22日 1・5年生海の活動

2017年6月28日 (水)

【1・5年 生活・総合】

 1・5年生で片瀬海岸西浜海水浴場に行き、砂の芸術作品を作りました。

 5年生は、1年生に寄り添って、優しく声を掛けながら、作品作りをしていました。1年生も、砂を集めたり、固めたり、削ったりして、夢中になって取り組んでいました。

 最後に、立体的に仕上がった作品を見ながら、喜びを分かち合うことができました。

20170621_s

平成29年6月16日 全校奉仕

2017年6月23日 (金)

201706161s

201706162s

 6月16日の6時間目に、全校奉仕を行いました。

 1年生は学級園の草取り、4年生は教会の掃除や通学路の掃除、6年生は海岸清掃と、それぞれの学年、クラスで「自分たちにできること」を話し合って活動を計画・実施しました。