神奈川県横浜市神奈川区にある、学校法人神奈川学園 精華小学校は、男女共学の私立小学校として、横浜で95年を越す歴史のある小学校です

精華小学校 お知らせブログ

2020年7月

置かれた場所で咲く逞しさ

2020年7月17日 (金)

 スチューデントコートに敷いてあるマットの隙間から芽を出し、茎を伸ばし、花をさかせている野花を見つけました。

Hana2_2

Hana3

Hana

 堅いマットが敷いてあるこの場所にいつ種がやってきたのか分かりませんが、マットの下に差し込むかすかな太陽からエネルギーを蓄え、誰にも気づかれることなく芽を伸ばし、マットを動かされるという理不尽な出来事にも遭わず、しっかりと花まで咲かせたこの逞しさ。この光景から【制限された環境の中でも地道な努力を続けていれば必ず良い結果は訪れる】、または【信念を貫き通していれば、その努力は必ず誰かがいつか見てくれる】という意味付けができると思いました。

 コロナ禍の中、この花のように【今の自分ができること】に対して努力を重ねることの大切さを再認識しました。

100周年ロゴ決定

2020年7月16日 (木)

 本校は2022年に創立100周年を迎えます。

 一昨年度行いました児童による百周年イラストコンテストの結果を元に、100周年のロゴを作成していきました。児童、保護者、教員による最終投票により、精華小学校100周年ロゴが確定しましたのでお知らせいたします。

Dic2545_1 スクールカラーである緑を基調に、シンプルな構成にしました。精華の2つのクラスである「松」「桜」が、100周年の軸となり、支えていくイメージになっています。校訓をつくった2代校長岸田与一先生は、「松こそまことに男子の象徴としてふさわしい、また和顔麗姿の内に雄々しく、けなげなる心を包む日本女性の象徴としてもうなづかれる。」とされています。また、精華小学校の校章は「桜」の中に「太陽」を入れて図案化したものです。日本の国花である桜とともに、世界に羽ばたくたくましいしっかりした子供に育ってほしいという願いと、太陽のようにあたたかい心、大きな心、人をつつむ広い心の子どもになるようにという思いがこめられています。

100周年である節目の「100」には、今後も永久に続いていく「無限(∞)」を表現して、これからも続く精華小学校の未来を大きく明るいものにしたいという願いが込められています。

今後も創立100周年に向けて準備を進めて参ります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

願いをこめて

2020年7月 7日 (火)

 今日は七夕です。残念ながら天気は雨模様ですが、雨雲の上では、織姫と彦星が出会っているのかもしれません。学校では、本来ならば学芸会用の大きな竹に短冊を飾っていましたが、今年度はそれが叶わないので、せめて七夕の風情を味わえればと思い、小さいけれど竹を用意しました。願い事は先週に書き上げたので、昨日と今日、その竹に飾りました。

Photo

Photo_2

 ところで、笹や竹には昔から神聖なものとされていました。天に向かってまっすぐ伸びる力強さと生命力から精霊や神様が宿る依代(よりしろ)と考えられていたそうです。コロナ禍の今、校内の何本もの竹が精華小学校を守り、子どもたちの願いが成就することを祈っています。

事務室からのお知らせ

2020年7月 1日 (水)

7月のKGショップの営業時間・休業日をお知らせします。

 ※営業時間 原則 平日    10:20~16:00
          水曜日のみ 10:20~13:35
 ※定休日  原則 土・日・祝日
 (やむを得ず、平日に休業となる場合がございます。
      お越しになる際は、精華小学校事務室にご確認ください。)

・7月1日(水)~3日(金)     10:20~13:35
・7月20日(月)~21日(火)    休業
・7月27日(月)~31日(金)    休業

アイディアノートは1冊460円、三角鉛筆は620円です。
おつりの無いようにお願いします。
品物を入れる袋もご用意ください。
お問合せは精華小学校事務室にご連絡ください。TEL 045-311-2963