神奈川県横浜市神奈川区にある、学校法人神奈川学園 精華小学校は、男女共学の私立小学校として、横浜で95年を越す歴史のある小学校です

精華小学校 お知らせブログ

2020年4月

481番目の友だち

2020年4月28日 (火)

いつ頃に学校が開始できるようになるのか?いつになったら友だちと会えるのか?長いトンネルがあとどのぐらい続くのか?など、ふとした時に気持ちがしずんでしまうことが多いかと思います。

 でも、そんな思いを少しでも忘れさせてくれる仲間がいることを、思い出してください。【481番目の友だち:ゆきちゃん】です。ゆきちゃんは、ある別荘で元気に過ごしています。きちんと《STAYHOME》をしているせいか、ちょっと太ったようです。学校が始まったら、一回りも大きくなったゆきちゃんに会えるかもしれません。みなさんも、自分では気づかないかもしれませんが、この2ヶ月で確実に成長しているはずです。たまには身長を測ってみるのもいいかもしれません。

 まだ生活リズムを整えるのが難しいと思いますが、ゆきちゃんのようにしっかりと食事をし、学校が始まる時に元気よく「おはよう!」と言えるように、気持ちも体も準備をしておいてください。

Img_4298

精華小学校

休校措置の延長について

学校開始日は、5月7日(木)を予定しましたが、情勢に鑑み、休校を延長します。
現段階では、学校開始日は未定です。
保護者向け臨時サイトに掲載しました。在校生および新入生保護者の方はご確認をお願いいたします。

教職員は当面の間、原則として在宅勤務体制としています。
緊急のお問い合わせなどにつきましては、祝日を除き月曜日・水曜日・金曜日の8:30~11:00まで、学校(045-311-2963)にお電話下さい。教頭が電話対応を行い、必要に応じて担当者からご連絡いたします。

なお、内容によっては対応できない場合や、お時間を要する場合もありますので、何卒ご了承いただけますよう、お願いいたします。

精華小学校 お問い合わせ連絡先 045-311-2963

休校期間中のお問い合わせについて

2020年4月23日 (木)

休校期間中のお問い合わせについて


新型コロナウィルス感染拡大の情勢を受けて、政府から4月7日(火)、緊急事態宣言が発出されました。本校では4月3日(金)、首都圏の情勢の厳しさを勘案し5月6日(水)までの休校延長を決めております。この間は同時に、教職員の健康と生命を守るとともに、感染拡大阻止へのできるかぎりの協力という社会的責任も果たしたいと考えております。そのため、教職員は当面の間、原則として在宅勤務体制としています。
 緊急のお問い合わせなどにつきましては、祝日を除き月曜日・水曜日・金曜日の8:30~11:00まで、学校(045-311-2963)にお電話下さい。教頭が電話対応を行い、必要に応じて担当者からご連絡いたします。
なお、内容によっては対応できない場合や、お時間を要する場合もありますので、何卒ご了承いただけますよう、お願いいたします。


精華小学校 お問い合わせ連絡先 045-311-2963

葉桜を見て思うこと

2020年4月22日 (水)

4/2頃に満開だった桜は今、瑞々しい若葉を茂らせ、葉桜となっています。
その様子を眺めていると、満足できるお花見ができなかった思いが蘇るとともに、生き生きとした若葉の美しさを愛でる思いも心の中に芽生えてきます。
葉桜は、俳句の季語にもなっていて、季節は〈初夏〉を表します。
自然(花や草木)は、確実に移り変わっています。
通常ならば、「あっ!このお花、きれいだね。」「春の暖かさで眠くなってきたなあ。」「ピクニックに行かない?」
というような言葉があふれる時期です。
でも(SocialDistanceを守りながら)たまには外を散歩して、そんな季節の変化に目を向けて、
心を洗い直しながら【自分ができること】を前向きに取り組んでいってほしいと思います。Img_4365_1_1

精華小学校

休校措置の延長

2020年4月 3日 (金)

本校では、休校措置を2020年5月6日まで延長いたします。

休校措置の延長・新年度のスケジュールについて、保護者向け臨時サイトに掲載しました。在校生および新入生保護者の方はご確認をお願いいたします。

桜が満開です!

2020年4月 2日 (木)

精華小の児童の皆さんへ

新型コロナウイルスの影響により、例年のような学校生活や春休みが送れずにいますが、体調をくずさずに元気に過ごしているでしょうか?精華小学校の先生たちは、この1ヶ月、新学期のことを考えない日はありません。毎日の報道は日に日に変わっていっていますが、いつ学校がスタートしてもいいように、準備を整えることに努めています。さて、世の中は様々な苦境に立たされていますが、精華小学校の桜はそれに反して、とてもふっくらときれいに咲いています。雪や風雨にも負けず、たくましさも見せています。この桜を眺めていると、「変わらずに花開くこの桜のように、近いうちに必ず元の生活に戻るはず!」という思いが強くなります。今年の桜を眺めているのは先生たちだけなので、桜はいくぶん悲しそうにも見えますが、これからも〈美しいと思えるもの〉に触れて、心を豊かに保ち、始業式をいつ迎えてもいいように、心身ともに体調を整えて過ごしてほしいと思っています。  

Img_4339_2

精華小の先生たちより