神奈川県横浜市鶴見区の私立中学校・高校【橘学苑中学校・高等学校】- 中高一貫教育、男女共学、国際教育

文字サイズ標準

橘学苑中学校・高等学校

News & Topics

ホーム > News & Topics

News & Topics

Tatibanarogo



                                 校長 小岩利夫

12月3日

 どこからとなく、合唱の声が聞こえてくるようになりました。アトリウム(ガラス天井で5階まで吹き抜けの空間)の先にあるプレゼンテーションルームからの歌声は、高校1年生の合唱曲でした。本校では、高1の学年始めに生徒全員から作詞を求め、各クラスで最も良いものを選びます。その作詞にあわせた曲を、音楽大学の学生に作曲依頼して、クラスのオリジナル合唱曲を作ります。12月23日にサルビアホールで行う合唱祭で、クラスごとに発表して競い、優秀賞を選びます。どのクラスも楽しそうにハーモニーを感じあい、歌うのです。

 

 

Tatibanarogo



                                 校長 小岩利夫

12月2日

 

 今日は、優秀作品2作について書かせてもらいます。『イヤホンを 外した耳に 秋の声』の高校2年女子生徒は、「通学途中の電車や街を行き交う多くの人が、耳にイヤホンを着けているので、外したらもっと色々なことが聞けるのにと思いました」とのことです。『あざやかに ジャズを奏でる 夏の虫』の高校3年男子生徒は、「夏休みに、家族で長野の親戚に泊まった夜、虫の声がとても大きく聞こえたのを思い出して」と話してくれました。これらは、感性豊かな素晴らしい俳句だと思います。

Tatibanarogo_2



                                 校長 小岩利夫

11月29日

 

 

 以前、高校生が夏休みに作った俳句の優秀作3点をブログに載せました。その高校生3名に、校長室で表彰状を渡したときの話です。

 最優秀賞をとった高校1年生は、『たんぽぽが 恐れ知らずに 旅に出る』について次のように評しました。「種が風に吹かれて、何処かに飛んでいく様子を見て、初めて学校に来て不安がいっぱいだった自分を思い出しながら作りました」。今も不安ですかと聞くと、「いいえ、とても楽しいです」と、笑顔で返事をしてくれました。

イタリア研修から帰国しました。どんなことを感じたのか、帰国後の感想を聞きました。帰国後、生徒はイタリアルネサンスはなんだったのかまとめを始めました。自分の活動をどんな方向にしたらいいのか自身に問い始めました。

A_2

出国ロビーの様子

B_2

  帰国後の集会の様子

Tatibanarogo



                                 校長 小岩利夫

11月27日

 

 

 国際コースの2年生が、ニュージーランドの留学から帰り、最初の登校日です。教室で挨拶をすると、元気な笑顔で返してくれました。

 伝えたことは、何時までもNZの思いに慕っているのではなく、早く気持ちを切り替えて、日本の生活に戻してもらいたいこと。自分のペースを掴んで、将来に向けて、一年の留学経験を十分生かしてほしいことでした。

11月25日、PTA文化委員会企画の「バスで行く三浦港&キャンドル作成体験ツアー」を開催しました。24名の参加がありました。三崎港、海南神社、三浦ガラス工房キラリでキャンドル作成体験をしてホッとした一日を過ごしました。

A

 参加者の集合写真

B

 海南神社訪問し、マグロおみくじを引きました。

C

ガラス工房キラリでキャンドル作成体験の様子

D

 キャンドル作成の成果作品です。

1年H組の生徒は総合学習の一環として、2年次のイタリア研修に向けて鑑賞力をつけるために、20件の美術館を訪問する活動をしています。今回は日本民藝館の鑑賞でした。柳宗悦さんの理念を理解しようと皿や壷などのスケッチをしながら素直に鑑賞する姿がみられました。帰り道の渋谷駅構内では岡本太郎さんの“明日の神話”も鑑賞しました。

20191121a

:日本民藝館学芸部古屋真弓さんか西館(旧柳宗悦邸)にてレクチャーを受けているようす。

20191121b

作品などが割れた場合はどうするのかという質問に対して、修復をすることを教えていただき、メモをとる生徒もいました。

20191121c

本館で鑑賞しながら友人と意見交換する様子。

20191121d

 特別展「柳宗悦と古丹波」を鑑賞し、美術鑑賞手帳に記録する様子。

Tatibanarogo_2



                                 校長 小岩利夫

11月22日

 

 JR鶴見駅からバスに乗り換え、10分ほどで学苑に着きます。朝7時過ぎに乗るので、その日は、座席に座って、スマホを見ていました。動き出して直ぐ、慣れない手つきで、返信を始めたのです。短い文でも、生徒達の2~3倍は時間がかかるでしょう。指が揺れないように、両肘を脇に押さえて、気をつけて打っていたのです。途中、はっと気がついて顔を上げると、いつも降りるバス停が過ぎていました。注意をしていたのにと、悔やんでも仕方ありません。

 車内で、器用にスマホを操作する人を見る度に、この人は何回も乗り越しをしていると、一人呟いています。

国際コースの2年生が、10ヵ月の留学を終えて帰国します。お世話になった現地スタッフやホストファミリーの感謝の気持ちを伝えました。日本で家族と再会するのが楽しみです。

Toeic

TOEIC講習を受講しました。

Photo

お世話になった方々へ色紙のプレゼント

デザイン美術コースでは3年間の集大成として卒業作品展を開催いたします。

2019年12月25日(水)~1月5日(日)10:00~18:00(入場は17:30まで)。年末年始のお休みは12月29日(日)~1月3日(金)。初日は15時開場。場所は横浜市民ギャラリー(桜木町から無料送迎バスあり)http://ycag.yafjp.org/about/timetable/

Photo_7

 説明:卒業作品展ポスター。授業“情報特講”で制作しました。フォトショップとイラストレーターを使用しています。3H村田アイコさんのデザイン。

カテゴリ

アーカイブ