神奈川県藤沢市にある湘南白百合学園小学校は、カトリックの女子私立小学校として75年以上の歴史のある小学校です

湘南白百合学園小学校

2021年1月の12件の記事

2021年1月27日 「今月の聖句」

2021年1月27日 (水)

 今月の聖句は、「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、隣人を自分のように愛しなさい。(ルカ10章27節)」です。

 イエス様は、私たちが神様を愛し、隣人を愛するように求めていらっしゃいます。日々の中で、苦しみや困難がやってきた時、私たちは、つい自分中心の考えになりがちですが、苦しい時にこそ、隣人に思いを寄せたいものです。

 イエス様のおっしゃる隣人は、自分が出会う人だけではありません。顔も名前も知らない人、地球の裏側に住む人・・誰かが救いや祈りを求めていることに気づくことが、私たちの役目です。

 神様へのお祈りを通して、隣人に思いを寄せ、行動する勇気を持つことができますように。

1

2021年1月25日 図工科のミニ鑑賞会の様子

 本校では例年1月末に、学習発表会を開催しています。

 今年度は感染症予防対策のため、実施を見送りましたが、図工科では、校内に作品を展示してお互いに鑑賞し合っています。

 

1_2

2_2

3

4

 

 鑑賞をする中で、友達の作品の良いところをたくさん見つけるために、「かんしょうカード」というワークシートに取り組みました。

 子どもたちは、他の学年の作品も鑑賞することで、材料や色・形への興味がふくらみ、次年度の取り組みへの意欲が湧いていたようでした。

2021年1月12日〜19日 4年生 書き初め

2021年1月21日 (木)

【4年生,毛筆】

 書き初めの季節になりました。

 今年の4年生の課題は、「花さく山」です。

 4年生は、昨年に続き、2回目の書き初めです。支度にも慣れ、書く前の準備は、ばっちりでした。

 

 書く時間が始まると、廊下は静まり返り、一人一人、じっくりと取り組んでいます。

1_2

 

 お手本をよく見て、一画ずつ丁寧に書きます。

2_2

 

 筆の扱いにも慣れ、迫力のある字を書けるようになりました。

3_2

4_2

5

 

 よりよい作品を書こうと、粘り強く取り組み、あっという間の2時間でした。来年も楽しみです。

6

2021年1月14日~15日 6年生 書き初め

【6年生,毛筆】

 書き初めの季節になりました。

 今年の6年生の課題は、「世界交流」です。

 

 小学校生活最後の書き初めに向き合う姿は、真剣そのものです。

1

 

 作品を書き終えると、お手本と作品を見比べる時間を作って、次の練習に生かします。

2

 

 名前の一画一画まで、よく集中して、丁寧に書き上げています。

3

 

 学習したことを生かし、よい作品を書くことができました。

4

 

 また、最後の床掃除まで丁寧に行う姿は、最上級生らしく大変立派で、下級生のよい手本でした。

2021年1月12日~18日 3年生 書き初め

2021年1月20日 (水)

【3年生,毛筆】

 2階の廊下を使って、クラスごとに書き初めを行いました。

 3年生は、初めての書き初めです。

 

 準備をしっかりと整えて、張り切ってスタートしました。

1_2

 お手本をよく見て、一文字ずつじっくりと時間をかけて書きます。

2_2

3_2

 

 軸が太く、扱いが難しい大筆ですが、正しい持ち方で、力強い字を書いています。

4_2

 

 初めての書き初めでしたが、よく集中し、練習の成果が発揮されていました。

 日本の伝統文化に触れる、よい体験ができました。

5_2

2021年1月13日~18日 5年生 書き初め

【5年生,毛筆】

 書き初めの季節になりました。

 今年の5年生の課題は、「希望の朝」です。

 

 授業時間の短縮により、昨年よりも短い時間で取り組むことになりましたが、

てきぱきと準備をして、すぐに練習を始める姿は、さすが5年生です。

1

 

 お手本を見ながら、一画ずつ丁寧に書いています。

2

 

 腕全体を使って書いているので、力強い字を書くことができます。

3

 

 書き初め用紙に墨が付かないように、1枚書き終えるごとに、下敷きを拭いたり、ひっくり返して使ったり、工夫をしています。

4

 

 よく集中し、練習の成果を十分に発揮することができました。

5

2020年12月22日 クリスマスミサ

 12月22日に、小学校のクリスマスミサが行われました。

 例年は体育館に全校児童が集まりますが、今年は体育館と各教室にて、対面と映像配信に分かれてミサにあずかりました。

 ミサの前には、プロローグとして2年生による朗読劇「はじめてのクリスマス」の映像を見て、イエス様お誕生の喜びを分かち合いました。

1

2

 

 司式をしてくださった、大和教会の佐藤直樹神父様は、パペット人形を使った楽しいお話をしてくださり、子どもたちは時折笑い声を上げながら、熱心に耳を傾けていました。 苦しんでいる方々のために、 また私たちが心の優しい子どもになれますように、心を合わせてお祈りしました。

3

2021年1月13日 4年生 箱根寄木細工作り 

2021年1月19日 (火)

【4年生,総合】

 箱根寄木細工・伝統工芸士の本間博丈氏をお招きして、寄木細工作りの体験を行いました。本来でしたら、直接御指導頂きたいところでしたが、今回はzoomを使って「寄木細工とは」という話をいただいた後に実際にコースターを作りました。

1

 

 パーツの並び方を自分で考えて、世界に一つのコースターを作ります。

2_2

 

 出来上がったコースターは、売り物みたいに素敵です。本間さんの御指導のお陰でコースターが出来上がり、思い出に残る貴重な体験ができました。

3

4

2021年1月11日 「今月の聖句」

2021年1月13日 (水)

 今月の聖句は、ルカ福音書10章27節の「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、隣人を自分のように愛しなさい。」です。

 この聖書の箇所の前に、イエス様とユダヤ教の律法の専門家とのやり取りがあります。専門家はイエス様を試そうとして問いかけます。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」

 この問いかけにイエス様は直接お答えにならず、逆に律法の専門家に「律法には何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」と聞きます。すると、律法の専門家は答えます。「『あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい』、また『あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい』とあります。」と。

 その答えに対して、イエス様は「正しい答えだ」とおっしゃいました。つまり、イエス様はもちろんのこと、律法の専門家も、律法の中で最も重要な教えは何か、何が神さまの求めておられることかを分かっているわけです。けれども、イエス様と律法の専門家では、この教えについて明らかに違うところがあります。それは、この教えを、自分の生き方に、自分の人間関係に、具体的にどのように適用し、活かしているか、という点です。

 律法の専門家の答えを聞いて、イエス様はおっしゃいました。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば永遠の命が得られる。」と。

 イエス様は律法の専門家の答えを、正しいとお認めになりました。しかし、その後で「それを実行しなさい」とおっしゃいました。それは、裏返して言えば“あなたの答えは正しい。あなたは律法の中で何が重要か分かっている。だけど、その教えを実行していないです”と、イエス様は指摘したことになります。

 毎朝の朝礼では、今月の聖句を唱えますが、イエス様がおっしゃるように、私たち一人一人は、この聖句を“唱えるだけ”でなく、“実行していくこと”を大切に、この一月を過ごしていきたいと思います。

Photo

2021年1月8日 3学期始業式

2021年1月 8日 (金)

 コロナ禍で大変な日々が続く中、皆で新しい年を迎えられたことを神様に感謝いたします。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今日からいよいよ3学期の始まりです。いつもでしたら、子どもたちの笑い声があちらこちらの教室から聞こえてくるのですが、コロナ禍の2021年は、静かなスタートとなりました。

 

 登校後は、昨年と同じように、前後の間隔に気を付けながら、教室へ向かいます。

1_2

 

 大きな声や近い距離での会話はできませんが、久しぶりに先生や友達に会うことができ、子どもたちはうれしそうです。

 さあ、ランドセルを置いたら、まず手洗いとうがいです。時間をかけ、しっかりと手を洗っています。

2

 

 教室に戻ったら、次は1日の準備をします。てきぱきと授業の準備を整えています。

3

 

 支度が終わったら、朝自習です。勉強のスイッチを入れ、落ち着いて取り組んでいます。

4

 

 始業式は放送で行われました。

 校長先生は、「3学期は締めくくりの時期です。お友達や先生等、全ての方々に愛を持って、感謝の気持ちを行動に表していきましょう。また、コロナ禍の中で、いろいろと気を付けなくてはいけないことがありますが、それは『我慢』ではなく、命を守ることに『協力』している、ということを忘れないでいましょう。心を神様に向けて、明るく3学期を過ごしてまいりましょう。」とお話ししてくださいました。

5

 

 コロナ禍の緊張の中で始まった3学期でしたが、子どもたちはマリア様にご挨拶をして、にこやかな笑顔で下校していきました。

6

« 2020年12月 | メイン | 2021年2月 »