神奈川県横浜市鶴見区の私立中学校・高校【橘学苑中学校・高等学校】- 中高一貫教育、男女共学、国際教育

文字サイズ標準

橘学苑中学校・高等学校

News & Topics

ホーム > News & Topics > 【ネイチャーイン通信】春がやってきそうだ

【ネイチャーイン通信】春がやってきそうだ

 今の時季のアグリラボ(学苑農場)。

 3月の臨時休校があっても季節は流れます。

 

 晴天のこの日、収穫を逃したコマツナ、チンゲンサイが花を咲かしていました。気温も上がり、先日まいたエンドウも芽を出し始めました。本当に小さい芽ですが、ちょっとしたらとんでもなく立派なエンドウ豆がこれでもかっ!というくらい採れる(昨春の経験より)ようになるのでしょう。冬に植え付けた玉ねぎも順調、順調。ちょっと前に植えたジャガイモさんのタネイモからもしっかり芽を出していますし、来年度の収穫は期待できそうです!この臨時休校の期間に、中学教員は新1年生を迎えられるよう畑を整えています。

 

 作業中、ふと周りを見回してみると…花にハチやテントウムシが顔を出してみたり、冬眠から覚めたのか、ニホントカゲ(写真が撮れなかった…)が足元を通り抜けたり、春に向けにぎやかになってきたのが感じ取れました。このようにいろいろ農場周りを観察していると、聞きなれぬ鳥の大きな声が(キツツキ系の声)。キツツキといえば、コゲラはよくやってくるがどうも違う声質、声量・・・農場脇の大きな樹木に目をうつし、手持ちのデジカメで声の主をなんとか捉えてみると、なんとアオゲラでした。比較的 緑地がある地域とはいえ、横浜ド真ん中でアオゲラに出会えるとは思っていませんでした!

20200312

春間近のアグリラボ

20200312_2

手前がコマツナの花で、奥がチンゲンサイの花。当然似ています、どちらもアブラナの仲間。

20200312_3

エンドウの芽

20200312_4

タマネギ…順調!

20200312_5

 なんとか捉えた アオゲラ

« 前の記事 橘学苑全ブログ記事一覧 次の記事 »

カテゴリ

アーカイブ