初等部だより

公開行事

2019年10月21日 (月)

2年生 秋の遠足

10月4日(金)「大和ゆとりの森公園」へ遠足に行ってきました。朝からの雨に悩まされましたが、結局、時間を遅らせて出発することにしました。到着すると、朝までの雨天が嘘のような秋晴れ!

Img_9445_2

Img_5760

Img_5734

Img_5990

Img_5784

Img_9417

P1450271

Img_6005_2

1日存分に楽しんで遊んできました。

2019年10月17日 (木)

4年生総合学習

10月3日に、神奈川県視覚障害者情報雇用福祉ネットワーク副理事長の三嶋伸昭さんをお呼びして心のUD(ユニバーサルデザイン)についての学習をしました。

2時間にわたって、視覚障がい者の生活や、「障害」は「配慮」と「共生」の精神を忘れなければ無くすことが出来ることについて学びました。

Img_1210_2その翌週の10月10日には、給食に食材を提供してくださっている中山肉店の中山正人さんをお呼びして、命をいただくとはどういうことなのかについて学びました。目の前で行われた豚肉の解体を通して、生き物から食べ物に変わる瞬間について学びました。

これからも「本物」に触れることで、多くの事を感じ、考えていってほしいと思います。

Dsc_7278

3年生社会科見学

9月20日は、3年生にとって初めてとなる社会科見学でした。天気にも恵まれ、子どもたちも楽しく学んでくることができたと思います。

午前中は、川崎市立日本民家園に行きました。まず園内を散策しながら、実際に古民家の中に入り、囲炉裏で火を起こしているところや、かまどでご飯を炊いているところを見ました。実際に目で見て、音を聴き、においをかぎ、手で触れる貴重な体験ができました。

Photo_2次に昔のくらしを体験するということで、大八車・井戸・天秤棒・石臼を、民家園の方に教わりながら体験しました。まずは、井戸と大八車です。井戸水を桶でくみ上げる体験では、

「意外と重い…!」

と、昔の人たちの苦労を感じられました。大八車では、米俵三俵を2人で運びました。大八車は、お互いに声を掛け合うことで、安全に運ぶことができるそうです。これは今の暮らしにも通じることですね。

Photo_3

 次に、天秤棒と石臼の体験をしました。天秤棒は、バランスをとるのが難しく、

「昔の人たちはここに水とか食べ物を入れていたからもっと重かったんだね!」

と、苦労しながら持つ子もいれば、軽々と持ってしまう子も…!石臼では、お米を粉にする体験でしたが、回すのが重くて大変だったようです。しかし民家園の方から、石臼を使う仕事が昔は子どもの仕事だったことを聞き、一同驚きでした。

午後に訪れた横浜市防災センターは、リニューアルしてまだ3年の施設なので、最新の体験をさせていただくことができました。地震の体験では、震度7レベルの地震を体験しました。大人でも手すりにつかまっていないと立っていられないレベルでした。その後は消火器体験や煙体験、災害が起きた想定で部屋の中で避難するシミュレーションを行い、充実した時間を過ごすことができました。

Photo_4

2019年10月15日 (火)

2年生 青葉郵便局訪問&稲刈り体験

青葉郵便局訪問

青葉郵便局へ見学に行ってきました。2学期から総合の授業で「郵便の仕組み」を学習し始めた2年生。初めて目の前で見る区分機の仕分けするスピードに大歓声をあげ喜んでいました!「森村郵便局」開局に向けて、素晴らしい学習となりました。

Img_0654

稲刈り体験

1学期にお世話になった田園都市線田奈駅にある学園保護者の所有する田んぼに行き、稲刈りを体験させて頂きました。初めて持つ大きな刃物「鎌」に驚く子も多く不安もありましたが、全員無事に稲を刈る事ができました。最初は曲がった鎌を稲の根元に置き、引いて刈り取る事が難しかった2年生も、慣れてくると上手に刈り取っていました。

P1450206

Img_1407

いくつかの稲株をまとめて干すお手伝いもできました。また、総合の授業中に作成したオリジナル案山子も、台風にも負けず大変活躍してくれたようで、子どもたちも嬉しかったようです。これから収穫されるお米が楽しみです。

Img_1372

2019年10月12日 (土)

本校教諭の取り組みが日経BP"未来コトハジメ"にて紹介されました

森村学園初等部4年生担当の榎本昇教諭(Apple Distinguished Educator)と不破花純教諭が共同で取り組みました実践が日経BP様で運営されております“未来コトハジメ”というホームページで紹介されました。

子どもたちとの映像制作についてのことが記事になっております。ぜひご覧下さい。

https://project.nikkeibp.co.jp/mirakoto/atcl/design/2/t_vol43/

4年生食育の授業

2019年10月10日(木曜日)、初等部の給食にお肉を納入して頂いている長津田の中山肉店の中山正人様に学校までお越し頂き、「命の頂き方」の授業を行いました。この授業では「生きものから食べものに変わるとき」というテーマでお話頂きました。尚、この授業ではお話し頂くだけでなく、実際に豚肉を部位毎に分けていく作業を子ども達の前で行います。

Dsc_7250

今回ご用意頂いた豚さんは生後6ヶ月のメスでした。生後6ヶ月というとまだ小さいイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、日本では一番食肉にされる頃だそうで、実際に解体される前は100kgを超える大きさだったそうです。

Dsc_7308

中山様からは子ども達を前に一日に何頭の豚たちが食肉となっているのか、また皮から骨に至るまで無駄なく命を頂いていることを解体しながらも丁寧に優しくお話を頂きました。

“生きもの”から“食べもの”に変わった大きなお肉を見て、子ども達からは「うわー」とか「おおー」という声が多く聞かれました。


YouTube: 中山正人先生による授業

授業が終わった後の給食では「ちゃんと食べなきゃ」とか「命を無駄にしない!」という言葉が聞かれました。一過性ではなく、これからもその気持ちを心の片隅において、美味しく食事を頂いて欲しいと私たちは願っています。

2019年9月25日 (水)

1年生食育の授業

9月6日(金),1年生は,食育の一環として給食に出る「トウモロコシの皮むき」をしました。

子どもたちの中には,トウモロコシの皮むきをしたことがない子もいました。むき方を確認して,いざ本番です。どの子も夢中になって取り組みました。皮むきの最中に,青虫を発見した子もいました。青虫が食べるほど美味しいトウモロコシであることも学びました

Img_3158

Dsc01906

「給食で出ます。全校のみんなに食べてもらうのですよ。」と話すと,髭の1本1本まで丁寧に取り除いてくれました。皆に食べてもらうためには,細かい心遣いも必要です。給食を作って下さっている方々の思いにも心を寄せることが出来ました。

Img_0810

Img_0817

給食に出たトウモロコシは,本当に甘くて美味しかったです。普段はトウモロコシが苦手な子も,自分たちで皮むきをしたトウモロコシだということもあって,美味しそうに食べていました。1年生のお手伝いで,きっと大勢の人が喜んでくれたと思います。自分のしたことで多くの人が喜んでくれるという体験も出来て本当に良かったです。

Img_3185

2019年9月 2日 (月)

2学期始業式

9月2日、2学期の始業式が行われました。夏休み中、静かだった校舎に森村っ子たちの元気な声がこだまし、活気が戻ってきました。

始業式では校長先生から、「物事に取り組むときに、自分から進んでやってみよう。」というお話がありました。「自分から進んで行動することで、楽しく取り組めることが増えてきます。2学期に行う様々な行事にぜひその姿勢を生かしていってください。」と結ばれました。長い2学期、大きな実りの3か月になると良いですね。

Dsc00413

始業式に続いて、2学期から編入する新しい森村っ子たちの紹介がありました。一言ずつご挨拶をしてもらった後、「友を迎える日」という歌をみんなで歌いました。新しい仲間が増えるのは嬉しいことです。子どもたちが心を込めて歌っている様子が伝わってきました。

2019年8月 9日 (金)

本校4年生制作の映像作品がKWN Global Contest 2019で入賞しました

~8月2日、12カ国4地域の代表者らを東京に招致した「KWNグローバルコンテスト2019」に本校4年生が参加しました~

Nrr2019166637_00thumb1600x1067580_2

P1040285
KWNは、パナソニック株式会社が次世代育成支援活動の一環として展開している参加型教育プログラムで、1989年に米国で始まった活動は今年30周年を迎え、これまでに累計18万人以上の子供たちや先生が参加してきました。

2019年度は、12カ国4地域から約3,800名がこのKWNに参加し、315校から作品の応募がありました。本年は、小学生部門でタンザニアのMwenge Mshindo Primary Schoolの作品「Ordinary Days」と、中学校・高校生部門でタイのAmmartpanichnukul Schoolの作品「Sport For Living [Boxing For Life]」がグランプリに選ばれました。

<小学生部門 受賞作品>
・グランプリ
作品名:"Ordinary Days"
学校名: Mwenge Mshindo Primary School (タンザニア)
・Best K-Factor Award
作品名:"Sunshine After Rain"
学校名:Buso Chung Hua Primary School (マレーシア)
・Best Teamwork Award
作品名:"Shiro and the Furoshiki"
学校名:森村学園初等部 (日本)

<中高生部門 受賞作品>
・グランプリ
作品名:"Sport For Living [Boxing For Life]"
学校名:Ammartpanichnukul School (タイ)
・Best Viewpoint Award
作品名:"I'm okay"
学校名:Maui High School (アメリカ)
・Best Entertainment Award
作品名:"Treasure"
学校名:Tok Janggut Secondary School (マレーシア)

2019年のグローバルコンテストで各国No.1の作品となった18作品は、学校、家族、障がい者、病気、スポーツなど多岐にわたるテーマに対し、子どもたちならではの視点で子どもたちを取り巻くリアルな世界や多様性社会を映し出す作品が多かったのが特徴です。

グランプリを受賞した小学生部門のタンザニアのMwenge Mshindo Primary Schoolの作品「Ordinary Days」は、タンザニアの孤児院で生活する子ども達の日常をありのままに伝え、生き生きとした子ども達の表情や臨場感のある音に引き込まれる作品です。


森村学園初等部4年藤組チームの"Shiro and the Furoshiki"はエコをテーマにビニール袋などのゴミが、海の生き物を苦しめている現状を訴え、海に囲まれた日本に住む子ども達が、風呂敷を活用した解決案を提案していくという作品です。

作品を制作していくにあたり、たくさんの方々のご協力を頂きましたことを改めて感謝申し上げます。


・KWNグローバルコンテスト2019特設サイト(日本語)
https://www.panasonic.com/jp/corporate/kwn/contest2019/results.html
・KWNグローバル(英語)
http://www.panasonic.com/global/corporate/kwn.html
・KWN Facebook(英語)
https://www.facebook.com/PanasonicKWN.Global

これまでの森村学園初等部によるKWNへの取り組みなどについては、日経BPが企画制作しているWebメディアである「未来コトハジメ」で9月下旬頃特集予定です。

2019年7月13日 (土)

1学期終業式

Img_1133

1学期の終業式が行われました。校長先生から学期の締めくくりとして、次のようなお話がありました。

「1学期はどのように過ごせたでしょうか。1年生は入学してからずいぶん成長しましたね。音読の声も大きくなりました。2年生はいつでも玄関の傘立てが綺麗でした。3年生は自分の意見をしっかり言うことができてきましたね。4年生は授業中の姿勢が素晴しかったです。5、6年生は運動会の係や委員会活動など、学校の生活を支える活動に取り組む姿が立派でしたし、下級生の面倒をよく見てくれました。さていよいよ夏休みです。みんな楽しみにしていると思いますが、長いお休みはいろいろなことができます。お家の人とお出かけもするでしょう。いつもはお家の人が決めた行先だと思いますが、自分からここへ行きたい、と考えて提案してみてはどうでしょう。宿題だけでなく、お家のお手伝いもしっかりやりましょう。交通事故や水の事故に事故に気をつけてください。4年以上は林間学校に出発します。お友だちと大切な時間を過ごしてきてください。また、オーストラリアへ英語研修に参加する6年生は、貴重な機会ですからぜひ良い経験をしてきてください。」

梅雨の終わりが見えないようなお天気ですが、夏休み、身体に気を付けて過ごして下さい。新学期、また元気な森村っ子たちの声が校舎に戻ってくるのを、教職員皆楽しみにしています。